Play Pontoon at Casitabi

ポントゥーンガイド

オンラインカジノプレーヤーなら時折みな、なにか目新しいもの、もしくは少し今までとは違ったゲームを探すものです。いつも同じ カジノゲームをプレイして飽きてしまったら、ポントゥーンをプレイしてみてはいかがですか?

ポントゥーンは超人気のブラックジャックをアレンジしたゲームですが、どちらかというと、アメリカンブラックジャックのイギリス版だと考えられています。ご存知の通り、今ではブラックジャックはイギリス全土でプレイされており、最近では、マカオやフィリピンなど、アジアのカジノでこのポントゥーンは大人気のようです。

ランドカジノでは、ポントゥーンはブラックジャックほど馴染みのあるゲームではありませんが、実際のところ、大手オンラインカジノならライブカジノ 、通常のソフトウェアテーブルゲーム共に提供されています。

ポントゥーンでのベストハンド

pontoon-image1


このゲームにおける最高の手札は、2枚のカードで21となる「ポントゥーン」もしくは「ナチュラル」と呼ばれる手です。この手を可能にするのは、手札がエースと10となる絵札の組み合わせしかありません。

ファイブ・カード・トリックは、ナチュラルの次に良い手です。これは5枚のカードの合計が21を超えなければ、ディーラーより低い数字だとしても、勝利となります。
3番目に良い手は、3枚、または4枚のカードの合計が21になる手です。同じ21でもこの手はナチュラル、またはファイブ・トリック・カードに勝つことはできません。
その他は、より21に近い数字が強い手となります。
21を超えるとバースト(破産)となり、その時点で負けが確定し、ベットは没収されます。

ポントゥーンの基本ルール

まず、ポントゥーンがブラックジャックと大きく違うところは、10のカードがありません。(オンラインカジノでプレイする際は10も入っています)ランドカジノでは、1デッキ48枚のカードでプレイします。ですから、バーストする確率がブラックジャックより低くなります。Aは1または11どちらにも置き換えられ、2~9はそのままの数字、絵札は全て10と数えます。また、用語がブラックジャックとは少し異なります。

pontoon-image2
 
  • ツイスト:カードを引く
  • スティック:カードを引かない
  • バイ:同額の賭け金を上乗せする
  • スプリット:配られた2枚のカードが同じ数字の場合、2枚を分けて同額のベットを置き、2つの手でディーラーと勝負できる。

カードが配られる前にベットを置きます。そして、2枚のカードが皆に配られますが、ディーラーのカードは2枚とも伏せてあるため、ディーラーの手が読めません。

ディーラーは自分の手札がポントゥーンでないかを、まず確認します。ここでポントゥーンなら、即負け。というのは、ポントゥーンには引き分けがありません。ディーラーと同じ手の場合は、ディーラーの勝利となってしまいます。そう聞くと、ブラックジャックよりプレーヤーに不利なゲームのような気がしますが、ポントゥーン、ファイブ・カード・トリックの手の場合、ブラックジャックより配当のよい、2倍が支払われます。プレーヤーは、カードの合計が15未満の場合、強制的にカードを引かなければなりません。ですが、ディーラーはソフト17(Aの入った合計数17)まで、強制的にカードを引かなければなりません。

バイ(賭け金をダブルにする)をした際、ブラックジャックの場合は1枚しかカードが引けませんが、ポントゥーンの場合は何枚でも引け、バイをするタイミングも、4枚目を引く際でも5枚目を引く際にでもバイできます。

ルールが分かると、このゲーム、攻撃的なプレイをする方にはピッタリ。実際、配当の良いところや、攻め好きなプレーヤーに好まれプレイされているようです。ただしこのポントゥーン、ローカルルールがかなりあるよう。始める前にそのカジノのルールをチェックしましょう。

ポントゥーンをオンラインでプレイしよう

pontoon-image3


前にも述べましたが、多くのオンラインカジノで、数種のポントゥーンをプレイできます。私たちジャパニーズカジノがいつも読者の方々にお勧めしているのは、最もお得なウェルカムボーナスとフリースピンを提供しているカジノを選ぶ、ということです。仮にボーナスではポントゥーンがプレイ対象外になっているとしても(もちろん、プレイできるカジノもあります)入金額に対して最も多くのボーナスを受け取ることに越したことはありません。

下記に、安心して楽しめる優れたジャパニーズカジノから、おいしいウェルカムオファーを用意しているカジノを集めてみました。今すぐ気になったオファーをクリックしてポントゥーンを楽しんでみませんか?