突撃!会社訪問:カジ旅編

突撃!会社訪問:カジ旅編

カジ旅オフィスビルジャパカジのオバハン二人組は、立て続けに突撃したよ。

4回目に訪れたのは【カジ旅】だ!

ちょっと前までは「新カジノ」という認識があったけど、今じゃ大御所カジノと言えるんじゃないか?

オフィスはスリーマの好立地に建つビル。

サインもデカく出てた。

【カジ旅】は日本語サイトに付けられた名前で、そのほかの言語サイトは【Casino Heroes / カジノ・ヒーローズ】という名前で運営してるのだよ。

そして、近年ブックメーカーの【Betser / ベッツァー】もオープンし、かなり羽振りが良さそうな会社じゃん?

このビルの3階から6階までを占領してるらしい。

すげーな、さすが大御所。

そんなカジ旅へ、ドカドカ入り込んできましたがな。


Casitabi $ 400 ボーナス または 700 フリースピン.

デカいオフィス

カジ旅:キッチンダイニング4フロアーも占領してるカジ旅、中に入るとそこまで広くはない。

それにしても4フロアーはすげえ。

3階から5階がオフィス、6階は広いキッチンダイニングとテラスがあり、社員がくつろげるスペースになってる。

毎週金曜日の仕事終わりには「フライデー・ビア」と呼ばれるパーティーがここで開かれ、スタッフ同士、飲めや歌えやの大宴会が開かれるそうだ。

カジ旅マスコット:ソニー君

オフィスに降りると、あら、ここにもワンコが。名前は「ソニー」君。スウェーデン人スタッフのペットで、毎日彼と出勤して来るんだって。

スタッフみんなが可愛がってて、みんなが食べ物分けてくれるから激太りしたらしい。

「食べ物を与えるべからず」と飼い主からのメール伝達があり、ダイエットを強いられているソニー君。

ワタクシたちが行った時も、「6階のキッチンへ連れてけよ!」とせがむソニー君。

そんなソニー君を横目に、オフィスを歩き回るオバハン2人。

へぇ〜、たくさんスタッフいますねぇ。

それもそのはず、マルタのこのオフィスには約60人が働き、スウェーデンのマルモにもオフィスがあって、そこには30人余りが働いてるそう。

そんなカジ旅も、数年前のスタート時にはマンションの1室でスタッフは10人にも満たなかったんだって。

それが今じゃ、100人あまりが働く大きなカジノに。

うん、カジ旅はRPG型カジノというコンセプトが素晴らしい、成長したのも頷けるカジノではある。

カジ旅って、カジノというよりはサイト自体がゲームのような印象を受けるもんね。

 

カジ旅といえば、グラフィックでしょ

3つのカジ旅王国
 

カジ旅:トレジャーアイランドオバハンたちがカジ旅に突撃したのは、あのカジ旅王国やアバター、個性溢れるボス達は一体どんな風に作られてる?を知りたいが故、なのだよ。

「デザイナーチームはどこよ?どこどこ?」と、ほかの部署の人たちへの挨拶はおざなりに、カジノマネジャーにさえ手を軽くふって素通りし、やっと辿り着いたよ、デザインチームの部屋!

あら、小さいのね、と言わずにおられない部屋。

しかもデザイナーはたったの4人!ん?こんだけ?

ヒョエ〜〜〜!たった4人であの3つの島とイベントの際に期間限定で登場する島を作ってんの?すごくない?しかも今日は1人がお休み。3人だよ。

早速、島はどんな風に作り上げられるのか質問してみた!

島のコンセプトと領域の数、ボスの数などはCRMから提案されるんだそうな。その後は自由にキャラを作らせてもらってるそう。

まず、コンセプトに合ったキャラのスケッチを始める。

3つ頭のボスキャラ

デザイナーさんに見せて貰ったこのスケッチの数々、この写真にあるのはさらさらっと1時間くらいだって。(注:ソニー君はモデルになっておりません)

随分怖くなった3つ頭こんなディテールで行こうと決まったら、次はこうなる。ほぉ。

最初のスケッチはちょっと可愛らしさも残ってたけど、なるほど〜、最後にはこうなるのね。

凄いわ。これを才能と呼ぶのね。芸術だわ。職人だわ。天才だわ。

カジ旅の今があるのは君たちがいるからだよ。

給料上げて貰いなさい。(いくら貰ってんのか、さすがにズーズーしいオバハンでも聞けなかったけど。W)

とにかくカジ旅は、グラフィックがズバ抜けてるね。

他にも、こんなボスキャラ例も見せていただいた。

 

キャラを煮詰めてる最中

メドゥーサばりのキャラを煮詰めてる段階。

いろんなバージョンがあるんだね。

どれを取ってもいい感じ♪

ほんと、想像力(と創造力)がないとやってらんないね、この仕事。

※撮影はワタクシの安いスマホのため、画像の鮮明さに欠けます。すんません m(__)m

 

 

完成!

こちらが完成品!

1キャラを作り上げるのに有する時間は3〜4日だそうだ。

3、4日で出来ちゃうの⁈

しかも王国作りにはたったの3週間だって。

イベント時に現れる期間限定王国とボスたちなんて、すぐ消えちゃうのがもったいないくらい。

いつか、これまで消えちゃった王国のボスたち全員が集まる同窓会とか開いてほしいよね。笑

さぁ、ここで気になるのが、「どんな人たちが作ってんの?」でしょ?

 

デザインチーム紹介

カジ旅:デザインチーム4人いるデザインチームですが、1人はお休みだったので3人をご紹介♪

左がブラジル人のエリック君。割と最近入社したデザイナー。

中央はデザインチームを率いるスペイン人のダビッド君。DAVIDをスペイン語で発音するとダビッドね。

右がマルタ人のショーン君。彼がカジ旅では一番古いらしい。

本日お休みのデザイナーもマルタ人なんだってさ。みんな、デザインについて熱く語ってくれましたわ。そんだけ好きなんだろうね。

ほかのカジノサイトを参考に見ることある?って聞くと、「そりゃあるよ。他より上を行きたいからね。」と。でもカジノサイトで働いてるという意識はあまりないそう。うん、おばさんもそれ、わかるわ〜。

みなさん、カジ旅デザイナーチームに拍手喝采を送りましょー♡

 

良いこと聞いちゃった

クリスマスアイランドにいたボスキャラその勿体無いと常日頃思ってる期間限定の王国は、プレイする際、とってもお得なんだって。

その理由は、通常の冒険より進み具合が早い。そして、ギフトや報酬も通常の島より多い。

期間限定でしか出会えないボスキャラと対戦する醍醐味はもちろんだけど、期間限定の島は随分お得なので儲けるチャンスらしい。

そして、イースター島を作成中!秘密ね、これ。太字で書いちゃったけどw。ちょこっとボスキャラを見せていただいたけれど、これは出さないでね、と口止めされた。(口止め料は?ふふふ・・・あー今度、めっちゃ悪キャラのモデルにされたらどうしよー)

そんでもって、4つ目の王国も作成中だそうだ!次はどんな島かなぁ?ワクワクするね。

いやぁ、ますます忙しいね、デザイナーチームは。

あ、成長を続けるカジ旅、新しい場所に移転する予定なんだって。聞いてびっくり、ジャパカジと同じビルだよ。お隣さんになるのねぇ。

 

賄賂もろた

カジ旅の宝箱コーシーいただいだ上に、プレゼントまで用意してくれてたカジ旅。

「あら〜、そんなに気を使わなくっても結構ですのよぉ。」おほほほ〜とか言いながら、ちゃっかりゲットしましたがな。ひひひ

イースター島のキャラを載せないという口止め料か・・・?それとも次のサポートランキングのためか⁈ オバハンたちは、現金以外では買収されません!(うそうそ、ランキングは嘘偽りなく、ワタクシの饒舌さ大炸裂で書いております。)

まじ、カジ旅は良いサポートを持ってるのだよ。リンク貼りはナシ、親切丁寧をモットーにしているそうだ。

で、賄賂というのは・・・おおおお!これは!カジ旅サイトのフリースピンなんかをしまっておく、あの【宝箱】じゃないですかっ!

超かわいーのでみなさんにも見せちゃう♡

オリジナルグッズ中には金貨チョコとお菓子、カジ旅の会社名【Hero Gaming】のロゴ入りオリジナルポロシャツとウォーターボトル、ノートブックをいただきました♪

黒と白のシックなデザインがいいじゃないっすか。センスいいね、カジ旅!

キツくて宝箱には入んなかったけどね。そんなの全然、問題なし。

オバハン2人は超幸せだよ〜♡

これからも素晴らしいグラフィックとゲーム性を楽しみながらプレイするわ!

カジ旅スタッフさんたち、これからも頑張って成長を続けてくださいな。

また来るわ!(もう来るな!とか塩撒かれてるかもw。)


Casitabi $ 400 ボーナス または 700 フリースピン.