コロナウィルスの影響で進むデジタル化

世界中でのコロナウイルス問題、まだまだ続…

コロナウイルス世界中でのコロナウイルス問題、まだまだ続いてますね。皆さんも感染しないよう十分気をつけて生活してくださいね。

ワタクシは4月に日本への航空券をカタール経由で買ってましたが、ワタクシのいる小さな島国、マルタ島では日本、韓国、香港、イタリア北部など7カ国への渡航が制限されました。

「え〜、どうしよう。航空券代、返金されるのかな・・・でも飛行機は飛んでるしな・・・」と迷ってる1週間の間に、7カ国どころか、ヨーロッパ、いや、世界中がとんでもないことに。

ほとんどのヨーロッパでは渡航禁止ですよ。イタリアや一部の他の国では、やむ得ない場合を除いて外出禁止令が。マルタでも学校は休校、ほとんどの会社が自宅勤務、レストランやバーは休業になりました。スーパーの入り口では体温チェックが行われ、レジでは1mの間隔を開けること、という決まりが。

ランドカジノからもSMSが届き、しばらくの間休業するとのこと。国中が静まり返ってます。こんなこと、生まれてこのかた初めてのこと。

旅行は好きだけど、まぁ日頃からあまり出歩かないワタクシ、自宅で仕事し、スポーツベット、オンラインカジノ、オンラインポーカーの生活にあまり変化はありません。この4つの両立が結構大変なのよ。w

しかし、ワタクシのような人たちが世界中で急激に増えているとか!

アジアでは既に多くの人がオンライン化

エンターテインメントを求める世界中の人々がインターネットに目を向けるようになり、オンラインギャンブルはこの10年間で着実に増加しています。欧州諸国の大多数はオンラインカジノやブックメーカー、ポーカーサイトといったオンラインオペレーターを規制し、市民にセキュリティを提供しているわけです。

一方、米国では、連邦政府もギャンブル法を推進しています。それとは対照的に、日本を含む多くのアジア圏のギャンブル市場はほとんど規制されていません。しかし、アジア人プレイヤーのオンラインアクティビティに関する最新のレポートを見ると、法律と規制の必要性がしばし議論されています。

欧米人だけではない、アジア人もギャンブル好き

アジア人だって欧米人と同じくゲーム好き、ギャンブル好きです。そして襲ってきたコロナウィルス問題。2月の最初の2週間でアジアのオンラインカジノ市場は登録者が急増し、そのせいでマカオのとあるカジノが閉鎖という噂も。バカラ好きが多く、バカラが最大の収益源であるマカオからの登録者は500%増加し、台湾からの登録者は1月と比べて400%増加したそうです。

🔰すぐ覚えられる人気テーブルゲーム!
バカラガイド:バカラをプレイしよう!

時を同じくして、香港からのオンラインカジノビジター数は250%増加、オンラインカジノアカウントを作成したプレイヤーの数は10%増加しました。

コロナウィルスが蔓延する状況の中、カジノゲームをプレイしたいアジアのユーザーにとってランドカジノへ対する関心は衰えつつあり、オンラインカジノが新しい目的地になったようです。オンラインカジノ業界はそれに対応するよう、マンダリン語、インドネシア語、マレーシア語、タイ語、そして日本語などでオンラインカジノに関する情報と、バカラをはじめとするテーブルゲームソフトウェアをアジアのユーザーたちがより簡単に理解できるよう、ガイドとツールを提供しようとし始めています。

オンラインギャンブルの合法化

デジタル化が世界中で進む2月からマカオのカジノへの訪問が80%減少し、一方、オンラインギャンブルは増加の一途を辿っている状況を考えると、アジア国の政府はオンラインギャンブルの合法化、そしてその精査、規制、および課税からしか利益を得られないという声もあります。

オンラインギャンブルが合法化されると、政府はどのくらい利益を得ることができるのでしょうか? フィリピンの例を見てみましょう。

フィリピンではオンラインギャンブルが合法化されてから、オンラインギャンブル業界は数十億ペソの収益を生み出し、現在35万人を雇用しています。フィリピンのオフショアゲーミングオペレーター(POGO/フィリピンで運営し、国外の市場にオンラインギャンブルサービスを提供している企業)に関しては、2019年だけでも80億ペソ(150億円以上)の収益を得ています。

日本は、宝くじや競馬などと同じように政府がカジノやポーカー、スポーツベットの規制を実施し始めた場合、マカオに次いで2番目に大きなギャンブル市場になる可能性があると言われています。

欧米もますますオンライン化

中国から広まったコロナウィルス。まずはアジアのオンライン化が進み、コロナウィルスが世界中に蔓延すると共に、ヨーロッパでもオンライン化が進んでいます。おそらく同じ現象が他の地域でも怒っていると考えられます。

オンラインゲーミング業界のカンファレンスも既にいくつかキャンセルとなり、ヨーロッパでは既に人気のオンラインカジノですが、ランドカジノ派も、そして外出禁止令ですることがなく暇を持て余している人たちのオンライン化に拍車がかかっています。

蔓延するウイルス

ワタクシたちの業界はコロナウィルスの蔓延に影響を受けていませんが、レストラン業界、ツーリスト業界はひどい打撃を受けています。ワタクシもこの小さな島国から出られないことはちょっと辛く感じてきた今日この頃。

ちなみにワタクシの日本行き航空券は1年間有効のバウチャーに変えてもらえそうですが、一刻も早くコロナウイルスが撲滅し、みなさんが普段の生活に戻れることを祈ります。

japacasi-line

👆友だち追加してね♪ ジャパカジ公式LINE
お得情報・新着ニュースも配信してます♪ つぶやき、お問い合わせもこちらから!

japacasi-twitter

👆キャンペーン情報だけじゃない♪ ジャパカジ公式ツイッター
オンカジ業界のこぼれ話や裏話、マルタの情報もつぶやいてます♪ フォローしてね!