スロットの戦略法ってあるの?

スロット攻略法

スロット攻略法ってあるの???

カジノゲームには、「ハウスエッジ」というものが存在するのは、カジノ好きのあなたならもうご存知ですよね。簡単にいうと、ハウスエッジとは「胴元の取り分」のことを言うんですが、カジノゲームはもともとカジノ側に有利な様にうまいこと作られてるんですよね。

でも、カジノはやめられない!(笑)それはきっと、勝つことがあるからですね。戦略を知ると、この勝率も上がるもんです。だからプロギャンブラーが存在するわけです。

ブラックジャックやポーカーは、プレイヤーの戦略やスキルによって勝敗も左右されるゲームとして知られていますが、はて、スロットには戦略法ってあるの???


Casitabi $ 40 入金不要ボーナス + $ 400 ボーナス または 1000 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


Vera&John $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス.

ゲーム責任のテキスト |


スロットマシンの仕組み

前置きさせてもらうと、日本のパチンコ屋の仕組みはカジノのスロットマシンとは違うようです。パチンコ屋で働いたことがないので定かでないものの、パチンコ屋に朝の開店から通ってた頃の感じでは、カジノとは明らかに違うと感じましたね。これから述べるのは、あくまでランドカジノ、オンラインカジノの場合ですよ。

オンラインカジノのスロットマシンのハウスエッジは、通常0.7%から12%の間かな。12%以上になると、プレイヤーは「なんだこのスロット!全く出ねぇじゃねーかよ!」と、一度プレイしたらもう二度と遊んでくれない可能性があるでしょうね。

カジノは、そのスロット機種で得た収入からハウスエッジ分のパーセンテージを取り、残りの金額をプレイヤーに勝利として返還してます。この返還率をRTP(Return To Player)と呼びます。オンラインカジノのスロットはほとんどが95%以上です。カジノは、新しいプレイヤーを引き付けるために、この返還率を宣伝したりしています。故に、RTPの高いスロットは低いスロットより出やすい、というのは事実。必ず勝てるわけじゃないけれど、10本あるクジの中でRTPが高いほど、当たりが多く隠れてるってことです。

一方、パチンコ屋の返還率を調べたところ、80%から90%とかなりピンハネ(笑)してるよう。だから最近、日本のパチンコ屋は下火なんだろうな〜。

ランドカジノのスロット

 

肝心の戦略は?

戦略はあるような、ないような。(笑)はっきり言って、プレイヤーの損失を防ぐ真の戦略はありません!

敢えて言うなら、スロットマシンの仕組みを知っていくつかの原則に従えば、プレイ時間を延ばしたり、ちょっと儲ける、出資金をより多く回収するのに役立つだろう、とワタクシは考えます。

スロットは現在、カジノゲームの中で最も人気のあるゲームの1つ。テーブルゲーム好きな人でも、気晴らし(?)にスロットを回す人も多くいるよう。そのスロットの戦略としては、【固定ベット戦略】と【プログレッシブベット戦略】の2つの基本的なベット戦略があると言われてます。

【固定ベット戦略】

固定ベット戦略は、ゲームプレイ全体にわたって同じ額の賭けをすること、プログレッシブベット戦略は、プレイヤーが勝っているか負けているかによって賭け金を変えること、です。固定ベット戦略はベットが固定なんですが、ゲームを頻繁に変える必要があります。ワタクシも専門家も、特定のスロットに留まってプレイするなら【プログレッシブベット戦略】をオススメします。

【プログレッシブベット戦略】

これは、ベット額によってヒット率が違うらしいということから来ています。あるベット額を一定の時間プレイしてあまりペイアウトがない場合は、ベット額を変えるという戦略は効くらしいですよ。そうすることで、ボラティリティー(変動率、ヒット率)が変わると考えられています。

ジャックポットスロットの場合は、賭け金が大きいほど当たる確率が高いと言われてますが、んー、個人的には信じてません。ジャックポットを当てるための最低ベットが設定されている場合は、それ以上の額をかけないといけませんが、これまでジャックポットを当てた人のベット額をみていくと、みなさん、条件額の最低額、もしくは少し多いくらいのベットで当ててるんですよね。

ずっと勝ち続けるゲームはありませんから、平坦に同じ額を賭け続けるよりは、強弱をつけるべきです。これはテーブルゲームにも当てはまります。

 

マシンにはその日の調子がある?

皆さんきっと、お気に入りスロットがありますよね?よくプレイするゲームって、勝つ時と負ける時のゲーム内容が違うと思いませんか?いわゆる「傾向」ですね。

ワタクシはそう感じます。勝つときはいつもよりペイアウトが頻繁にある、スキャッター2つが頻繁に出てリーチ状態がよくある、みたいな状況。

反対にぼろ負けするときは、ペイアウトがないラウンドが7〜8回続く、スキャッターが2つさえ出ない、などなど。

これはワタクシの予想ですが、よくプレイするスロットで「今日は調子悪いな」と感じるときは、他のスロットに移るべし。スパッと移ること!

独自に研究した、もしくは感じるこういった「癖」や「傾向」を信じましょう。下手に同じ機種で長い間プレイしてませんからね。あなたが感じる調子良い悪いの「勘」は当たっています。悪いと感じたら、長居せずに即移動!

この傾向を知っているスロットをいくつか持っていると、1つの機種がダメなら次のお気にいりに移動して調子を探り、ダメなら次!長居すると負けちゃいます。

 

自己コントロール

あとは、自分をコントロールすることが大事です。これが一番、大事かもしれないです。

かなり勝ったのに(欲からか)止められず、せっかくの勝利金を全てすっちゃったり、かなり負けてヤケになり、さらに突っ込む・・・なんてことはない?ワタクシ自身も、身に覚えがあります。(._.)

さらに、長時間のプレイもオススメしません。個人的な経験から言うと、時間が余るほどあれば、資金がなくなるまでプレイしちゃいます。時間がない時は、「まだプレイしたいけど、行かなきゃ・・・勝ってる今この時点で止めて行くか。」ってな具合に、勝ってる時に止める判断がしやすいですね。

そして、危ないのはスピードアップモード。高速スピンを使って負けちゃうと、すっからかんになるのがなんと早いこと!ペイアウトがあった場合はゆっくりと勝利を味わいながらプレイしましょう♪

本物のスロットを選ぶ

 

こんなスロット(カジノ)に注意!

みなさんがランドカジノ、オンラインカジノで見るスロットは、いわゆる 「ラスベガススタイル」スロットとして知られているクラスIIIのスロットマシンです。あるカジノでは、クラスIIIスロットの代わりに、クラスIIスロットマシンを使用しているカジノがあります。

ゲームの規制および監督下にあるライセンスを持ったカジノなら、クラスIIIスロットマシンを使用しています。クラスIIIスロットで定義されているのは、スロットのリールが操作されていないことを保証する、乱数発生器(RNG)が装備されている必要があります。

クラスIIのスロットマシンは、クラスIIIのベガススタイルのものと非常によく似せて開発されてます。いわゆる、海賊版ですね。このクラスIIのスロットマシンでは、もちろん高額ジャックポットなど当たりませんし、返還率も嘘っぱちです。

カジノでプレイする前に、特にオンラインカジノでのプレイは、規制、監督されていることを証明するカジノライセンスの有無を確認しましょう。もちろん、ジャパカジで紹介しているカジノは全て、厳しいライセンスを取得している公正なカジノですよ♪


Paiza Casino

ゲーム責任のテキスト |


LuckyNiki $ 30 入金不要ボーナス + $ 999 ボーナス + 1998 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


Cherry Casino $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス.

ゲーム責任のテキスト |