日本人大物ギャンブラーは誰に殺された?

日本人ホエール(鯨)柏木昭男のギャンブルと闇に葬られた死

お恥ずかしいことながら、ワタクシ、柏木さんのことを知りませんでした。先日書いた伝説的なギャンブル界の大物10人のリサーチ中に、たまたま柏木さんの名前を英語サイトでみました。

柏木昭男さん「へぇー、日本人にも世界的に知られたホエール(鯨=カジノ業界では大金を賭けるハイローラーのことを鯨のような大物の意味で使う)がいるんだぁ。」

と思い、リサーチを続けていくと、この方、メッタ刺しにされて自宅で殺されてるんです。いろんな記事を読んでると興味が湧いたので、柏木昭男さんのことについて今日は書いてみようかな、と。

ワタクシだけ無知で知らないだけだったらごめんなさい。m(_ _)m 知ってる方はこの記事、スルーしてくださいまし。でもうちの日本人スタッフは誰も柏木さんのこと知らなかったよぉ。ジャパカジスタッフは無知揃い⁈

 

ギャンブラー柏木昭男の誕生

1937年、山梨県富士吉田市で生まれ、宮大工の父を持ち、貧しかった柏木は中学卒業後、農業を手伝ったり富士山の強力(ごうりき:登山者の荷物を背負い道案内をする)で身を立てていきます。

そして、1960年に親戚と不動産業、続いて貸金業も始め、1969年に「柏木商事」を設立。富士スバルライン建設でますます儲けることとなり、「山梨の不動産王」として知られた存在となりました。

ですが、不動産王になるには、強引に金を貸し付けて地上げを行い、荒っぽい手口で新聞を賑わせたり、何度も警察の不動産犯罪捜査のターゲットになっていたようです。地元では悪評判が絶えず、「笑顔を見たことがない」など、変人扱いされていました。その経済的成功を収めた柏木さんは、その儲けを思う存分、大好きなギャンブルにつぎ込んだようです。

世界的に柏木さんの名を知らしめたのは、バブル真っただ中の1990年1月。オーストラリア北部のダーウィンに4日間滞在し、その間カジノに通って「バカラ」で約29億円もの勝利を収めたのをきっかけに、「ウォーリアー(戦士 / 武士)」というニックネームもつくほど、ギャンブル界でも一躍有名な存在となったのです。

 

ドナルド・トランプとの出会い

トランプ・カジノ毎月、海外のカジノに出かけていた柏木さん。VIPだから、渡航費、宿泊代、食事代はすべてカジノ側が負担してくれます。オーストラリアで29億円を手にしたわずか1ヶ月後、マイク・タイソン対ジェームス・ダグラスのタイトル戦を観戦するために来日していたドナルド・トランプと対面となるのです。

今やアメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプですが、当時はアメリカの不動産王でラスベガスにトランプ・カジノというカジノも持っています。柏木さんの噂を聞いたトランプは、柏木さんから一儲けしようとトランプ・カジノに誘います。そして1990年2月、柏木さんはトランプ・カジノに招待され(トランプのプライベート機で!)バカラテーブルに座っていました。

ドナルド・トランプトランプは美味しいカモを見つけた、と思っていたに違いありません。が、なんと柏木さん、トランプ・カジノのバカラ・テーブルで9億円を勝利。トランプ・カジノは、始まって以来の大損失だったそうです。トランプはこのことにプンプン。勝ち逃げされちゃたまらない、損失を取り返すべく、3ヶ月後の5月にまたもや柏木さんを招待します。

この時も柏木さん、バカラで出だしは快調でした。約10億勝利していたにもかかわらず、長くプレイしすぎたのでしょうか、最終的には約12億円の損失となってしまいました。次の日、「ウォールストリート・ジャーナル」新聞の一面に【世界で最も派手なギャンブラー】というタイトルで柏木さんのことが掲載されました。

ところが、それからたった1年半後の1992年1月3日、世界で最も派手なギャンブラー柏木昭男(当時54歳)は、土地500坪、床面積200坪の時価50億円と推定される総ケヤキ造りの「柏木御殿」の台所で、全身を十数か所をメッタ刺しにされ、死体となって発見されたのです。

 

柏木の死にはドナルド・トランプが関与?

巷では、トランプがトランプ・カジノでの負け金を払わない柏木に返済を迫って手下を動かした、他のカジノの借金でオーストラリアのマフィアに殺られた、なんていう噂が飛び交いました。突然の死で、柏木さんがラスベガス・ヒルトンに残している5億以上の借金でオーナーも真っ青、という噂もあります。

また、昔から嫌がらせや脅しなど、かなり悪どい手段を使ってビジネスをしていた柏木さんだけに、恨みを持つ者も多くいたようです。個人的には、トランプが借金返済を迫って手を下した説は無いと思いますが・・・だって、殺しちゃったら返済は不可能ですからね。

柏木さんは、徹夜でバカラをプレイした後、英語は全くダメだったのにゼスチャーですべてを表現し、よく他のプレイヤーを朝食に誘っていたそうです。サンドイッチを音を立てて食べ、ギャンブルに熱中すると、数千万のチップを床に落としても気づかなかった、と関係者は語っています。

そして、負けると人が変わったそうです。確かに金額が大きいだけに、怒る気持ちもわからないでもないですが、「負け金を日本語で値切る迫力は、理解できないだけに迫力があった」という証言も。(笑)帰りのファーストクラスでも機嫌が悪く、フライトアテンダントを罵倒したり、機内の座席やテーブルを蹴ったりと醜い敗者ぶりを露呈していたそうです。こういう負けっぷりの悪さは感心できませんね・・・

 

時効成立

柏木御殿にて殺害現場には長靴の足跡が残されており、勝手口のカギだけが開いていました。同県大月市の河川敷で柏木さんのアタッシェケースが空で発見されたものの、凶器などの有力な物証は発見されませんでした。一説には、アタッシュケースの中の書類を抹消したかった者の犯行だと言われていますが、アタッシュケースの中身を知るのは殺害された柏木さんだけのようです。

部屋を物色した形跡がなく、十数か所もメッタ刺しにしていることから、柏木さんにかなりの恨みを持つ者の犯行と考えられるでしょう。

1カ月後、車の売買を巡りトラブルになっていた暴力団組員を殺人で、組員の知人である看護師が証拠隠滅の容疑で逮捕されましたが、2人は容疑を否認し続けました。解決かと思われた者の、甲府地検は94年12月、「物証に乏しい」と2人を不起訴にしました。これには、国粋会系吉田一家組長と山梨県警富士吉田署長との間に、密約があったという噂も。そしてこの事件は2007年、未解決のまま時効成立を迎え、真相は闇の中へ葬られたのです。

匂いますよね・・・この二人が柏木さんを殺害したのでしょうか?たくさんの人に恨みを買っていた柏木さんだけに、容疑者はたくさんいそうです。億単位でカジノに未払金もあれば、ヤバい方達が動く可能性も否定できません。

勝手な想像ですが、案外、柏木さんが昔、土地を騙し取った人なんかが、復讐の時を待っていたのではないかと想像するワタクシです。映画でよくあるように・・・ね。みなさん、悪どい事をしているとこうなるかもしれません。いつも礼儀正しく、ギャンブルはツケでしないよう心がけましょうね。( ̄^ ̄)ゞ


Vera&John $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス.

LuckyNiki $ 30 入金不要ボーナス + $ 350 ボーナス + 150 フリースピン.

Wunderino € 200 ボーナス 50 ボーナススピン.