WMS レビュー

WMS / ゲーム開発会社レビュー

Williams Interactive(ウィリアムズ・インタラクティブ)とも呼ばれるWMS Gamingは、特にYggdrasilやThunderkickのような新人と比較すれば、市場では非常にユニークなゲーム開発会社です。 WMSは、世界で最も古いゲーム制作会社ではないにしても、実際には最も古いものの1つです。

WMS logoイリノイ州シカゴが拠点のこのアメリカ開発会社は、1943年に設立、 20世紀の数十年にわたり、ウィリアムズは人気のあるピンボールマシンとビデオアーケードゲームを制作しました。 その後、WMSはカジノ業界に進出し、1996年には初めてのヒットカジノスロットマシンである”Reel ‘em In” という、マルチライン、マルチコインのビデオスロットマシンを発表しました。 これに続いて、Jackpot Party、Boom、Filthy Richなど多くの類似ゲームを作成しています。 世界各地のランドカジノでは依然としてメジャーな人気を誇る、カジノ用スロットマシンを幅広く作成しています。

彼らのオンラインゲームの成功のステージは、2000年代の初めにWMSがコンピュータとオンラインゲームの適応を開始し、オンラインカジノプレイヤーのゲームポートフォリオと人気を徐々に伸ばし始めましたが、2013年にWMSが買収され、BallyとBarcrestのゲーム開発会社も所有するScientific Games(SG)コーポレーションの一部となりました。

 

WMSのゲーム性

WMSゲームを愛するほとんどのプレーヤーはアメリカ人ですが、ここ数年のうちに英国のカジノ市場に力を入れているWMSは、英国のプレイヤーの間で非常に人気のあるスロットを作り出しています。

クールでユニークなWMSスロットには、豊富なボーナス機能、非常に高いRTPレート、通常の5リール、3行、25ペイライン構造とは異なるユニークなデザインと設定があります。実際、ゲームの中には6リール、10リール、192ペイラインのものもあり、プレイヤーにとって非常に興味深く有利となっています。

最も人気のあるWMSスロットについて話すならば、Men in Blac(マン・イン・ブラック)、The Wizard of Oz(オズの魔法使い)、Star Trek(スタートレック)、The Lord of the Rings(ロード・オブ・ザ・リング)Top Gun(トップガン)、 Epic Monopoly(エピック・モノポリー)、そして超人気のJackpot Party(ジャックポット・パーティー)など、映画をテーマにしたものなどが数多くあります。

WMS games

 

さらにWMSは、驚くほど美しいキャビネットに収められた最新技術を、市場で最高級のソフトウェアとともに提供しています。

何十年もの間、プレイヤーは魅力的なキャビネットゲームに引き寄せられ、一度WMSのスロットをプレイすると、人々は再びWMSのスロットに戻ってきます。

WMS cabinet game2001年までに、WMSは、ゲームをカジノに販売するのではなく、企業がカジノにライセンス、またはリースする方法の「参加型」スロットシリーズを発表しました。その参加型ゲームが、メンズ・イン・ブラック、ハリウッド・スクエア、オズの魔法使い、スター・トレック、ロード・オブ・ザ・リング等、有名なエンターテイメント関連のブランドをベースにしたマシンが含まれています。

これらのゲームのいくつかは、カジノ内や複数のカジノ間でネットワーク接続されているため、ネットワーク内のマシン数に基づいて大型ジャックポットを獲得する機会があります。これらのゲームは、各ゲームで生成された正味のライセンス収入とリース料が、販売するゲームの利益率を上回っているため、WMSにとって有益であり、プレイヤーにとって人気があり、WMSにとって有益であることが証明されているのです。

残念ながら、日本語対応のオンラインカジノではWMSのスロットをプレイするのはむずがしいかもしれませんが、英語サイト、もしくはランドカジノにいけば、WMSのゲームを楽しむことができるでしょう。