伝説的なギャンブル界の大物10人

伝説的なギャンブル界の大物10人

ギャンブラーには、フツーの方達が一生かかっても稼げない額を、なんてことなく賭けちゃう【ハイローラー】と呼ばれる人たちがいます。この高額ベットをする【ハイローラー】たちはカジノ業界で【ホエール / 鯨】とも呼ばれます。鯨のような怪物、大物、という意味から由来しているのですが、世界の大富豪の方達の中でもギャンブル好きはたくさんいるようです。

こんなに高額を賭けて勝負する時って、どんな気分なんでしょうね?ワタクシなら、手も脇も額も汗びっしょりで、カジノから出るときは数キロ痩せてるに違いありません。ってか、生きて帰れるかしら?心臓が先にイカれちゃうかもね。^_^;

今日はみなさんに、世界的に有名な【ホエール / 鯨】たち10人をご紹介いたします!

 

Adnan Khashoggi / アドナン・カショギ

アドナンさん父はサウジ王の専属医師、アドナン自身はサウジアラビアの武器商人でした。1997年、ダイアナ妃と共にパリで事故死したドディ・アルファイドの叔父でもあります。何人もの国籍の違う若い妻を持ち、女だけでなくギャンブルもお好きだったようです。主にバカラをプレイし、ロンドンのカジノを訪れるときはいつも数億のお金が動いていたことで知られていました。パーキンソン病の治療中だったアドナンですが、2017年6月6日に亡くなっています。

 

 

 

Akio Kashiwagi / 柏木昭男

柏木さん

80年代から90年代にかけて、ラスベガスで最も派手なギャンブラーとして知られた柏木昭男。恐れを知らないバカラプレイヤーと言われ、ウォーリアー(武士)というニックネームもありました。プレイ中にはしばしば、1千万から2千万のベットをしていたそうです。柏木は、1992年に日本の邸宅で殺害されているのを発見されましたが、犯人は見つからず、時効になっています。(この日本鯨について個人的に興味があるので、別記事で書きます!)

 

 

 

 

Don Johnson / ドン・ジョンソン

ドンさん2つの異なるカジノから、約17億円を獲得した経緯についてメディアが報道したことでドンは有名になりました。なかなかのハンサムでダンディーなドンは、カジノにいくつかの条件でプレイすることを交渉しました。カジノ側はハウスエッジの計算を誤り、条件を承諾した結果、ドンにブラックジャックで17億円という巨額の賞金を持っていかれちゃいました。まさに、ドンは頭脳戦で勝利したと言えます。それからというもの、ラスベガスの多くのカジノでドンは、歓迎されない客となってしまったそうです。

 

 

Fouad al-Zayat / フアド・エル・ザヤット

ファドさんフアドは12年間のギャンブルプレイにおいて、約48億円以上を失ったと推定されるシリアのビジネスマンです。ギャンブル界では「The Fat Man - ファットマン」として知られており、600回以上ロンドンのトップカジノを訪れています。しかし、最終的にはあるカジノから数億円もの不渡り小切手によるギャンブル負債のため、訴えられてしまいました。現在ギャンブルはやめているとフアドは言っています。

 

 

 

Kamel Nacif / カメル・ナシフ

カメルさんメキシコのカメルは繊維事業で非常に成功したビジネスマンです。1999年には、Calvin Klein、Tommy Hilfiger、Gapなどのブランドのデニムジーンズを製造しているTarrant Apparel Groupというアパレル会社と提携しました。カメルは毎年何度もラスベガスを訪れ、ほとんどのハイローラーがそうであるように、彼もバカラをプレイし、1ラウンドに最高2千万円を賭けるプレイヤーです。メキシコでもリッチな人物の一人として有名ですが、同時に世界でも有名なギャンブラーです。

 

 

Kerry Packer / ケリー・パッカー 

ケリーさんオーストラリアのテレビネットワークと出版会社を所有している大富豪のケリーは、怖いもの無しのギャンブラーの1人として知られています。ケリーは常に数億のリスクを抱えてプレイをします。1992年にはヒルトン・ラスベガスで約10億を勝利したと言われ、MGMでは1ベットにつき約3千万円の賭けで、約37億円を勝利したと噂されています。さらにブラックジャックテーブルでたった40分のプレイに関わらず20億以上を稼いだことも。とはいえ、負けるときもその額は半端ないケリーさんです。

 

 

Phil Ivey / フィル・アイビー

フィルさんベストポーカープレイヤーの一人として知られるはフィルは、真のギャンブラーと言われています。いろんな国のカジノで開かれる世界的な「クラップスツアー」にも参加しています。フィルがどれだけ勝っているか、負けているかを正確に知っている者はいませんが、クラップステーブルで1ロールにつき一千万円以上を賭け、バカラでは1ラウンド最高2千万円でプレイしているそうです。そんなフィルですが、多くの慈善団体にも寄付をしています。

 

 

Hassanal Bolkiah / ハサナル・ボルキア

ハサナルさん第29代、ブルネイ国王(スルターン)であるハサナルは、ロンドンとラスベガスの両方で大物ギャンブラーとしても知られており、カジノで1日あたり約1億を使うことで知られています。ブルネイ国王は完全に秘密の長い旅行に出かけることがよくあり、カジノテーブルで何時間も過ごし、カジノが提供するVIP特別待遇を楽しんでいるそうです。ブルネイ国王がプレイする主なゲームもバカラだそうですが、ちょっとちょっとー、国民のお金でギャンブルしてるでしょ⁈それってどうなのよ?

 

 

 

Terrance Watanabe / テランス・渡辺

テレンスさん世界中のギャンブラーの歴史のなかで、最も負けた男がテランスでしょう。同情してしまします。正確な数字は確認されていませんが、彼は5年間で220億円以上を失いました。テランスは結婚することもなく、仕事一筋で父から引き継いだ事業を大きくし、そろそろゆっくりしようと引退した後、ギャンブルにハマりました。ブラックジャック、キノ、スロットマシンからルーレットまで、カジノのありとあらゆるゲームをすべてをプレイしました。が、結果は散々だったようです。

 

Zhenli Ye Gon / ツェンリ・イ・ゴン

ツェンリさんメキシコの巨大化学会社の所有者であるチャイニーズメキシカンのツェンリは、薬物生産のための前駆物質をメキシコの医薬品カルテルに供給していると非難されています。 ツェンリはギャンブラーでもあり、数多くのラスベガスのカジノで100億円以上も失ったと推定されています。 警察が彼の自宅を調べてみると、現金236億円以上を見つけたというから驚きです。ラスベガスのカジノもツェンリが莫大な額を使っていながら、報告しなかったことを咎められたとか。ツルッとした顔をしていながら、裏では凄いことしてたんでしょうねぇ・・・

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

自宅に236億円も現金で置いてあるくらいの人なら、ラスベガスで100奥負けたって痛くもかゆくもないでしょう。あるとこにはあるんですね、お金って。綺麗なお金ではなさそうですけど。

そして、大富豪の方々もギャンブルがお好きなんですねぇ。やはり、アドナンさんみたいなお金持ちは、若い女でもなんでもお金で思いのままなんでしょうか。ありすぎて使えないくらいなんでしょうね。ワタクシたちみたいな恵まれない人にカジノで投資してほしいっすよね。

テランスさんなんて、一生、働きづくめでなんの楽しみもなく暮らしてきて、引退してどっぶりギャンブルに使ってしまい、ケ●の毛まで抜かれちゃった方もいらっしゃいます。やっぱり、早い時期からギャンブルは始めた方が良いという教訓でしょうか?(いやいや、違うって。)みなさん、何事もほどほどにね!