エディクト / edict ゲーム開発会社

エディクト / Edict ゲーム開発会社レビュー

ドイツのハンブルク、美しいハンザ都市ハノーバーの西側の郊外、アルトナに拠点を置くソフトウェア開発会社のエディクトは、1998年に設立され、もともとはソフトウェアの開発と、本国全体でのランドカジノ運営のための技術サポートを提供することに重点を置いていました。
ですが、2008年、オンラインカジノソフトウェア分野に大きな影響を与えるために動いていたカジノビジネスでは名の知られた企業であるMerkur Interactive GmbHに買収されました。

現在、創造性、専門知識が成功に重要な要素である70人以上の常勤の従業員で構成されています。

edict logo2011年までにエディクトは、Merkurによって提供されるゲームをサポートするよう設計されたソフトウェアプラットフォームの開発を完了しました。これは、両社の歴史において初めて、世界中のカジノオペレーターやオーナーにフルサービスのターンキーソリューションを提供することができるようになりました。

マン島で発行された同社初のゲームライセンスを確保した後、同年後半に最初のオンラインカジノでソフトウェアプラットフォームが公開されました。2015年に英国のギャンブル委員会からA格付けのゲームライセンスを取得していることは注目に値するでしょう。

エディクトのソフトウェアプラットフォームを使用することによって得られる主な利点は多くあります。これには、他のソフトウェアプラットフォームや堅牢なバックオフィスコンポーネントと完全に統合する機能が含まれます。後者により、カジノのマネージャーは複雑な管理レポートのソフトウェアを使用して、プレーヤーの結果、銀行取引およびボーナスプログラムを容易に追跡することができ、トラブルの際も安心です。

 

エディクトのゲーム性

Merkurの完全子会社となったエディクトのスロットゲームは、世界中のプレイヤーによく知られています。オンラインカジノのプレイヤーに非常に人気があり、精度、グラフィックスは高品質で、究極のゲーム体験を得ることができ、カスタマイズされたゲームを開発しています。製品開発分野のグローバルリーダーであるエディクトは、無条件の愛情をもって妥協のない品質のゲームを作成しており、透明性、公平性、安全性を保証するかのような革新的な彼らのゲームは、まさに「ドイツ製」技術を使用しているのでしょう。

エディクトのテーブルゲーム

Merkurのオンラインゲーム市場は、クラップス、ブラックジャック、シックボー、バカラ、ルーレットなどのビデオスロットとテーブルゲームが豊富に用意されています。
ビデオスロットは十分に開発されており、ヨーロッパでも広く普及しています。グラフィックとビデオの機能はファーストクラスと言っていいでしょう。全てのゲームには興味深いボーナス機能が搭載されており、シャーロックホームズがテーマの221 B Baker Street、冒険心そそられるDragons Treasure、両サイドからペイアウトのある10ペイライン、The Final Frontierなどがあります。

エディクトのスロットゲーム

日本語対応カジノでは、まだエディクトのゲームをプレイできるカジノを見つけるのは難しいかもしれませんが、近い将来、プレイできるようになれば、と期待しています。