Texas Hold'em Poker ガイド

テキサスホールデムポーカーガイド

日本でも人気の出てきたテキサスホールデムポーカー。現在、ポーカーといえば、このテキサスホールデムが主流です。このポーカーは通常、プレイヤー同士の対戦となるため、スキルや戦略で勝利することができる数少ないカジノゲームの一つです。

ルールは少し複雑に感じるかもしれませんが、理解するとなんて事のないゲームです。しかし、奥が深いのです。相手の手を読み、どんな戦略を使うかによって、たとえ良くないハンドでも勝つ事のできる、まさしくポーカーフェイスでハッタリの効くゲームと言えます。

まずはポーカーハンドを知らない人は覚える必要があります。

ロイヤル(ストレート)フラッシュが一番強いハンドで、順に弱くなっていきます。一番弱い役がワンペアとなります。

ポーカーハンド
 

 

テキサスホールデムポーカーのルール

まず覚えておくことは、テキサスホールデムでは一旦ゲームが始まると、新たにチップを購入したり、プレイヤー間でチップの貸し借りはできません。 

ベットするチャンスは4回以上、その都度、賭け金もアップ。ゲームを続けるか、降りるか、選択はあなた次第です。最終的に残ったプレイヤーが賭け金総取りとなるので、賞金は大きいのです。

ゲーム開始の際は、「親」となる【ボタン】を決めます。プレイヤーはそれぞれカードを一枚引き、一番強いカードを引いた人がボタンとなり【DELLER】の目印がテーブルに置かれます。

texas hold'em poker table
1)プリフロップ

ボタンの左隣がSM(スモールブラインド)、さらにSMの左隣がBB(ビッグブラインド)となります。そして各プレイヤーに2枚のカードが配られます。SMから時計回りにカードが配られた後、BBはそのテーブルで決められた最低ベット額を、SMは最低ベット額の半分の額を強制的にベットしなければなりません。

そしてUTG(アンダー・ザ・ガン)と呼ばれる、BBの左隣のポジションのプレイヤーは、BBのベット額でコール(ゲームを続ける)するかどうかを決めます。この時点では、配られた2枚のカードだけで決断しなければなりません。フォールド(降りる)するか、コールしてBBと同じ額をベットしてゲームを続けるか、もしくはレイズ(ベット額をあげる)することができます。SBとBBがすでにベットを置いているので、プリフロップではチェック(パスすること。他のプレイヤーがどうアクションするか、の様子見をすること)は使えません。チェックは、そのラウンドで誰もベットを置いていない時にのみ使えます。誰かがレイズした場合、次のプレイヤーはそのレイズの額でコールするかフォールドするかを決めなければなりません。

pre flop

プリフロップ時のボタンに番が回ってきた際の状況

ボタンまでゲーム続行か否かの選択が終わると、強制ベットであるSBとBBにゲームを続けるか否かの選択が与えられます。このプリフロップの最後にSMとBBに与えられたアクションをオプションと呼びます。

この時、他のプレイヤーがレイズしている場合、SBはフォールド、コール、またはレイズを選択します。そして同じくBBも、レイズ、フォールド、コールするかを決めます。オプションでSMまたはBBがレイズした場合、他のプレイヤーもそのレイズ額でコール、レイズ、またはフォールドするかを決めます。次のステージに進むためには、ゲームを続行するプレイヤー全員が同じベット額でないといけないのです。皆が同じベット額になったところで次のステージに進み、これまでの全員のベット(フォールドした者も含む)はポットに集められます。

 

2)フロップ

フロップではテーブルの中央に3枚のカードが表向きに開かれます。この中央に開かれたカードは皆が使う共通カードで、コミュニティカードと呼ばれます。

この時点で、手持ちの2枚のカード、中央のコミュニティカード3枚を合わせた5枚でどんな役が作れたか、そしてこの後どんな役を作ることができるかの可能性を見ます。

SBから再び、コール、フォールド、レイズを決めます。コールする場合は再度ベットを置かなければなりません。そのベット額に対して、残りのプレイヤーはコールするか、フォールドするか、ライズするかを決めます。ここで強気の人は良いハンドを持っている可能性が高いですが、他のプレイヤーをフォールドさせる作戦という可能性もあります。この心理戦がポーカーの醍醐味でもあるのです。

ここですでに役ができていれば、この後、さらに良いハンドになる可能性もありますが、他のプレイヤーのハンドも考慮しましょう。時にはハイカード(役なし)で終わることもあります。それでも他のプレイヤーが皆フォールドすれば、勝つこともできるという面白さがあります。テキサスホールデムは、駆け引きも重要なゲームなのです。因みに、フォールドしたプレイヤーのハンドは最後まで公開されません。

もしフロップでSMがチェックしたとします。チェックをして次のプレイヤーのアクションを伺う、ということですが、数人が続けてチェックで回し、あるプレイヤーがベットを置いたとすると、他のプレイヤーはこのベットにコールして続けるか、フォールドするか、はたまたレイズで上乗せするかの判断をします。このプロセスをプリフロップと同じく、皆のベット額が揃うまで続けます。仮に全員がチェックで回したとすれば、ベットなしで次のステージに進みます。

コールがあり、2人以上のプレイヤーが残っている場合、これまでの皆のベットはポットに追加され、次のラウンドへ進みます。プレイヤーが2人になり、ベット額が揃うとこの時点でショウダウン(ハンドの公開)となり、勝敗を見ます。

 

3)ターン

コミュニティカードに4枚目の共通カードが表向きに開かれます。プロセスはフロップと同様、皆チェックで回すか、もしくは皆のベット額が揃うまで各プレイヤーに回ります。

 

4)リバー

コミュニティカードに最後となる5枚目のカードが表向きに開かれます。ターンと同じく、チェック、コール、フォールド、レイズを皆のベット額が揃うまで各プレイヤーに回ります。

もしプレイ中にベットが跳ね上がり、同じ額をベットできないがゲームを降りたくない、という場合は【オールイン / 全額勝負】としてみなされ、ショウダウンまでゲームを続ることができます。例えば、誰かがオールインをしたとして、あなたもいいハンドを持っていて勝負したいが、オールインしたプレイヤーと同額のチップを持ってない、などという場合、あなたがその時点で持っているチップを全て賭けて、オールインが可能です。その場合、ベット額は揃っておらず、先にオールインしたプレイヤーには不利となってしまうので、【サイドポット】が置かれます。

サイドポットとは、例えば、プレイヤーAが$100でオールインしたとします。あなたは€50しか残っていません。ですがフォールドしたくはないので$50でオールインできます。次のプレイヤーBも全チップ€150でオールイン。この様な場合、一番少額のあなたの$50と、プレイヤーAとBの$50ずつがポットに入ります。最高額$150でオールインしたプレイヤーBは、他に同額でオールイン出来るプレイヤーがいないので、$100でオールインのプレイヤーAと同額でオールインすることしかできず、$50は返却されます。そしてプレイヤーAとBの、残りの$50ずつは、サイドポットに入ります。

all in

この結果、あなたが勝利した場合はポットの中のベット額はあなたのものとなります。ですが、サイドポットの中のベットは、プレイヤーAとB間でより強いハンドを持つ方が獲得できます。プレイヤーAかBのどちらかが勝利した場合は、ポットもサイドポットも両取りすることができます。

1ラウンドが終わると、ボタン、SM、BB共に左へ一つずつ移動します。ボタンはプレイヤー全員のアクションを見た後、最後にアクションが起こせるので一番有利なポジションです。

 

テキサスホールデムポーカーをプレイできるカジノ

 

online texas hold'em

テキサスホールデムをプレイする場所としては、ランドカジノやオンラインではPokerStarsが有名、そして人気です。ポーカーをプレイしている人なら知らない人はいない、業界最大手のポーカーサイトであり、世界各地のチャンピオンシップとポーカートーナメント(ヨーロッパポーカーツアー、PokerStarsカリビアンアドベンチャー、ラテンアメリカンポーカーツアー、アジア太平洋ポーカーツアー等)のプロデュースもしており、プロポーカープレイヤーのスポンサーにもなっています。

奥が深く、知れば知るほどはまってしまうテキサスホールデム。そして、腕によっては何億と稼ぐこともできます。心理戦と頭脳戦を兼ね備えたテキサスホールデムは、ただのギャンブルという一言で片付けられない楽しくエキサイティングなゲームです。

難しそう・・・と躊躇せず、まずはオンラインでトレーニングしてみるのも良い方法です。プロのポーカープレイヤーもオンラインで日々、スキルを磨いているのです。